スローガンは「+Professional」。ヒューマニティ、コミュニケーション能力、問題発見・課題解決能力、マネジメント能力を備えるとともに、優れた専門性を身につけた人材の育成に努めています。2024年に迎える法人創立100周年に向けて、その質を高めると同時に、教育環境の充実にも努めます。

学部・学科

工学部

募集人員

学科・コース・科・専攻定員
機械工学科
92名
情報工学科
90名
電気電子工学科
80名
建築学科
80名
都市環境学科
50名

機械工学科

「環境・エネルギー」「自動車」「航空機・鉄道車両」「ロボット」「農業機械」などから、興味や目的に合った分野を実践的に学びます。講義と演習をセットにしたフィードバック型履修で、実力の定着を図れることが特徴です。

情報工学科

時代に左右されない基礎領域と、電子マネーなどの仕組みの裏側を実践的に学び、産業界が求めるICT(情報通信技術)エンジニアを育成します。また13学科の中で唯一、数学の教員免許がとれることも本学科の特徴です。

電気電子工学科

エネルギー系とエレクトロニクス系の2分野を、関連づけて学べるカリキュラムを組んでいます。また学科独自の資格取得支援システムや資格認定制度、カリキュラム内外での受験対策講座を設け、資格取得に力を注ぎます。

建築学科

1・2年次に建築を学ぶ基盤となる科目を履修し、3・4年時から実務的な科目群を学ぶカリキュラムを構成しています。北海道に根ざした大学として、積雪寒冷地に対応する建築設計の演習を用意していることも特長です。

都市環境学科

建設や環境に関わる工学分野の知識や技術に加え、専門職としての生涯学習能力を養います。地域の人と連携・協働して、社会基盤の充実や防災・減災機能の向上、都市環境の整備に寄与できるような人材を養成します。

説明を読む閉じる

薬学部

募集人員

学科・コース・科・専攻定員
薬学科
180名

薬学科

薬学科

国が定める薬学教育に、本学独自の科目を加えた6年間の一貫教育を実践します。薬剤師に必要な知識・技能・態度を段階的に学び、専門性を磨きます。実験研究室など整った先進設備が、高度な実践力養成を実現します。

説明を読む閉じる

保健医療学部

募集人員

学科・コース・科・専攻定員
看護学科 ※定員変更計画中
90名※
理学療法学科 ※定員変更計画中
50名※
義肢装具学科 ※定員変更計画中
30名※
臨床工学科
70名
診療放射線学科
50名

看護学科

医工連携を特徴とする本学では、ICT(情報通信技術)化が進む医療現場に対応した授業を展開。医療機器やパソコンなどの情報活用能力も習得できます。また、医療系5学科の合同授業で、チーム医療への対応力も養います。

理学療法学科

理学療法士(PT)の国家資格取得を目指す学びに加え、チーム医療や工学技術の活用などを幅広く学びます。臨床経験が豊富な教員陣とともに、新しい理学療法やリハビリテーション技術・手法の開発にもチャレンジします。

義肢装具学科

エネルギー系とエレクトロニクス系の2分野を、関連づけて学べるカリキュラムを組んでいます。また学科独自の資格取得支援システムや資格認定制度、カリキュラム内外での受験対策講座を設け、資格取得に力を注いでいます。

臨床工学科

2006年、日本初の大学における養成課程として誕生した学科です。近年ハイテク化が進む義肢装具の研究分野で、工学技術を活用できる全国有数の教育設備と指導体制を整えています。理学療法士との協働も学内で学べます。

診療放射線学科

道内の私立大学で初の診療放射線技師を養成する学科です。1年次から早期臨床体験を行い、医療人としての意識を高めます。他学科との連携により、医学と理工学の知識・技術を磨き、医療の課題に取り組める技術者を育成します。

説明を読む閉じる

未来デザイン学部

募集人員

学科・コース・科・専攻定員
メディアデザイン学科
80名
人間社会学科 経営学専攻
社会学専攻
心理学専攻
健康・スポーツ専攻
50名

メディアデザイン学科

「ビジュアルデザイン系」「3DCG・映像デザイン系」「ゲーム・システムデザイン系」「コミュニケーション・ビジネスデザイン系」の専門科目を通じデザイン思考とシステム思考を獲得。システム開発にも取り組みます。

人間社会学科

「心理学」「健康・スポーツ」「経営学」「社会学」から一つの専攻を選択し、4年間を通じ専門性を深めます。希望者は他専攻の学びも取り入れ広く学ぶことも可能です。ディスカッションやフィールドワーク、課題研究など学生主体の授業も組まれています。

説明を読む閉じる

お問い合わせ先

入試広報センター
フリーダイヤル 0120-248-059 直通 011-688-2382 FAX 011-688-2392

住所

〒006-8585 札幌市手稲区前田7条15丁目4番1号